So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Elasticsearchの仕切り直し導入 その5 (CentOS 7.5、2018/08/14) [Linux]

CentOSだとmetricbeatがあっさり動いてしまいました。なぜFreeBSDでは動かなかったかを考えてみると、一目瞭然なんですよね…
FreeBSDのpkgで導入されたmetricbeat一式は下記の通りです。
root@mybsd:~ # ll -R /usr/local/etc/metricbeat*
-rw-r--r--  1 root  wheel  5644 Aug 12 03:34 /usr/local/etc/metricbeat.yml
-rw-r--r--  1 root  wheel  5218 Jul  4 15:24 /usr/local/etc/metricbeat.yml.sample

一方、CentOSのyumで導入されたmetricbeat一式は下記の通りです。
[root@localhost metricbeat]# ll -R /etc/metricbeat/
/etc/metricbeat/:
合計 340
-rw-r--r--. 1 root root 269474  7月 20 13:25 fields.yml
-rw-r-----. 1 root root  54951  7月 20 13:25 metricbeat.reference.yml
-rw-------. 1 root root   5201  8月 13 00:30 metricbeat.yml
-rw-------. 1 root root   5170  8月 13 00:27 metricbeat.yml.orig
drwxr-xr-x. 2 root root   4096  8月 13 00:28 modules.d

/etc/metricbeat/modules.d:
合計 132
-rw-r--r--. 1 root root  48  7月 20 13:25 aerospike.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  89  7月 20 13:25 apache.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root 281  7月 20 13:25 ceph.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  90  7月 20 13:25 couchbase.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root 143  7月 20 13:25 docker.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root 145  7月 20 13:25 dropwizard.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  94  7月 20 13:25 elasticsearch.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  85  7月 20 13:25 etcd.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root 177  7月 20 13:25 golang.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  19  7月 20 13:25 graphite.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  53  7月 20 13:25 haproxy.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root 540  7月 20 13:25 http.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root 768  7月 20 13:25 jolokia.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  44  7月 20 13:25 kafka.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  87  7月 20 13:25 kibana.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root 340  7月 20 13:25 kubernetes.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root 154  7月 20 13:25 kvm.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  89  7月 20 13:25 logstash.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  49  7月 20 13:25 memcached.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  47  7月 20 13:25 mongodb.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  67  7月 20 13:25 munin.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  50  7月 20 13:25 mysql.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  88  7月 20 13:25 nginx.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  88  7月 20 13:25 php_fpm.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  60  7月 20 13:25 postgresql.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root 366  7月 20 13:25 prometheus.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  48  7月 20 13:25 rabbitmq.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  44  7月 20 13:25 redis.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root 565  7月 20 13:25 system.yml
-rw-r--r--. 1 root root  50  7月 20 13:25 uwsgi.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root 304  7月 20 13:25 vsphere.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  32  7月 20 13:25 windows.yml.disabled
-rw-r--r--. 1 root root  62  7月 20 13:25 zookeeper.yml.disabled

明らかに導入されているファイルが違うのです。FreeBSDではfields.ymlが存在しないと各所のエラーメッセージで怒られていたのですが、CentOSだとちゃんと配置されていることが確認できます。
そして極めつけは、metricbeat.ymlの下記コンフィグです。
root@mybsd:~ # cat /usr/local/etc/metricbeat.yml
metricbeat.config.modules:
  # Glob pattern for configuration loading
  path: ${path.config}/modules.d/*.yml

FreeBSDのファイル構造だと意味がよく分からないのですが、CentOSのファイル配置だと何をしたいのか良く分かります。
思うに、FreeBSDのpkgは、Elasticsearchの有るべき全体像を知っている人向けに、インストールの初期支援だけを代行してくれる簡易的な作り込みだったのではないでしょうか。
普段、至れり尽くせりに作り込まれたpkgやportsに慣れてしまっているため、それを当たり前だと思ってしまっていた自分に反省です。陰で支えて下さるportsメンテナの皆様に再感謝です。

とは言っても、こうやって頭を悩ませながらhackすることが楽しみの一つでもあるのですけどね。

タグ:elasticsearch
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。