So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

cactiの導入 その2 (FreeBSD11.1R、2018/04/09) [ports]

下記問題については解決した…かもしれません。
root@mybsd:~ # mysql_tzinfo_to_sql /usr/share/zoneinfo | mysql -u root -p mysql
Enter password:********
ERROR 1406 (22001) at line 32512: Data too long for column 'Abbreviation' at row 1
Warning: Unable to load '/usr/share/zoneinfo/zone.tab' as time zone. Skipping it.
情報をいろいろ検索していると、FreeBSDで同様の問題で困っている人がいました。
https://github.com/tomolimo/timezones/issues/8

回答は「This issue is not related to timezones plugin, but to your system+mySQL, and unfortunately, I cannot help you on this system :(.」とのことで、ざっくり言うと「あんたのシステム側の問題なので、どうにもならないよ」ということでした。

まぁ、MySQLはきっとFreeBSDの細かい部分の動作チェックなんてしていないでしょうから、仕方のないことかもしれません。zoneinfoについて不勉強でよく分かってないのですが、世の中でほとんど不具合報告がないことから、Linuxのzoneinfoでは問題なく動作することはほぼ確実と思われます。
そうすると、FreeBSDのzoneinfo一式と、Linuxのzoneinfo一式の違いってなんだろうと思いつつ、閃きました。そう、compat/linux関係からzoneinfo一式をインストールし、それを参照させればうまくいくのではないかと。

compat/linux関係のどれをインストールすればzoneinfo一式が導入されるのか分からず、当てずっぽうで下記をインストールしてみました。が、どこにもzoneinfo一式が導入されません。
・linux-kernel-4.13.14_1
・linux_base-c7-7.4.1708_5

困っていろいろと探しているうちに、zoneinfo-2018.dなるものがあることに気付きました。説明を読むと、インストールによって/usr/share/zoneinfoが最新にアップデートされるようですね。
root@mybsd:~ # pkg search zoneinfo
java-zoneinfo-2018.c           Updated Java timezone definitions
zoneinfo-2018.d                Updated timezone definitions

というわけでzoneinfo-2018.dを導入して、改めて最初のコマンドを実行してみました。
root@mybsd:~ # mysql_tzinfo_to_sql /usr/share/zoneinfo | mysql -u root -p mysql
Enter password:********
Warning: Unable to load '/usr/share/zoneinfo/zone.tab' as time zone. Skipping it.

今度はエラーが出なくなりました。細かな確認はできていませんが、少し進展がありました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。