So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

サンプルマクロ TeraTermマクロによるssh接続 (2018/02/23) [Windows]

TeraTermのマクロ関係でアクセスされてくる方が多いようですね。
今日は原始的なマクロをサンプルとしてご紹介します。他人がアクセスできないようなデスクトップ環境なのであれば、マクロにユーザID・パスワードを埋め込んで、以下のようなファイルを設置しておくと便利です。
マクロをダブルクックすれば、一発でサーバに接続できるようになります。

;# 変数(自分の環境に合わせて書き換えする)
V_SSH_TARGET = '192.168.1.1'   /* 対象サーバのIPアドレス */
V_SSH_PORT   = 22              /* sshの待ち受けポート    */
V_SSH_USER   = 'user001'       /* ユーザID               */
V_SSH_PASS   = 'pass001'       /* パスワード             */

;########################################

;# 前処理(connectコマンドを発行するための、事前整形)
;# 各オプションの意味は、TTSSHのオプションそのものなので自分で調べてください(当然、環境に合わせて編集してください)
sprintf "%s:%d /timeout=3 /ssh /2 /auth=challenge /user=%s /passwd=%s" V_SSH_TARGET V_SSH_PORT V_SSH_USER V_SSH_PASS
V_CONNECT    = ''
strconcat V_CONNECT inputstr  /* sprintfの出力はinputstrに入るので、出力を変数に待避。sprintf2を使えばもっとスマートになるかも */

;# 接続
connect V_CONNECT
end

最初から複雑なマクロは作れないと思いますので、上記のようなコンパクトなところから始めるのが近道だと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。