So-net無料ブログ作成
検索選択

CISCO841M/J IOSバージョンアップ (2017/08/09) [CISCO]

CISCO 841M/Jの新しいIOS 15.5(3)M5が2017/02/08に出ています。こういったファームウェアについては、新しいものに飛びつくと痛い目を見ることがあるのでしばらく放置していたのですが、さすがに6ヶ月経ちましたしもう大丈夫でしょう。アップグレートしてみることにします。

CISCOからIOSをダウンロードします。そうそう、ここはCISCO StartのサポートWebページになります。良くも悪くもすっきりしていますね。
20170808_CISCO_Web.jpeg

IOS アップグレードの手順なるものも置いてあるようですが、過去に何度もチャレンジして成功していますので、今回は読みません。※初めての方はぜひ読むことを強くお薦めします
基本的にIOSファイルを装置内部のストレージに転送すれば良いだけです。転送するための手段は、USB Flashによるコピー、HTTP、FTP、TFTP、xmodemなどがあったはずですが。
Router#copy ?
  /erase          Erase destination file system.
  /error          Allow to copy error file.
  /noverify       Don't verify image signature before reload.
  /verify         Verify image signature before reload.
  archive:        Copy from archive: file system
  cns:            Copy from cns: file system
  flash:          Copy from flash: file system
  ftp:            Copy from ftp: file system
  http:           Copy from http: file system
  https:          Copy from https: file system
  null:           Copy from null: file system
  nvram:          Copy from nvram: file system
  rcp:            Copy from rcp: file system
  running-config  Copy from current system configuration
  scp:            Copy from scp: file system
  sdflash:        Copy from sdflash: file system
  security:       Copy from security: file system
  startup-config  Copy from startup configuration
  system:         Copy from system: file system
  tar:            Copy from tar: file system
  tftp:           Copy from tftp: file system
  tmpsys:         Copy from tmpsys: file system
  xmodem:         Copy from xmodem: file system
  ymodem:         Copy from ymodem: file system

最近ではscpなんかも使えるみたいですね。私の家にはFreeBSDのWebサーバがあるのでHTTPを使用することにします。Windowsオンリーの人でもBlackJumboDogといった便利なソフトがあるので、Webサーバを立てる場合であってもさほど苦労しないと思います。
CISCO IOSのダウンロードファイルはZIP化されていますが、本当に必要なファイルは中身のbinファイルなので、展開してWebサーバ上に設置しておきます。自分で言うのも何ですが、手慣れたものですよ。

copyコマンドを使ってコピーします。
Router#copy http://192.168.0.1/c800m-universalk9-mz.SPA.155-3.M5.bin flash:
Destination filename [c800m-universalk9-mz.SPA.155-3.M5.bin]?
Accessing http://192.168.0.1/c800m-universalk9-mz.SPA.155-3.M5.bin...
Loading http://192.168.0.1/c800m-universalk9-mz.SPA.155-3.M5.bin !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
59023172 bytes copied in 85.208 secs (692695 bytes/sec)
転送事故が起きるとファイルが途中で切れている場合がありますので、まずは大ざっぱにファイルサイズを確認しておきましょう。明らかに桁がおかしいといったことがなければ大丈夫です。

最近は便利な世の中になったものでCISCOルータでハッシュ計算ができるのですね。
Router#verify /md5 flash:c800m-universalk9-mz.SPA.155-3.M5.bin
............................MD5 of sdflash:c800m-universalk9-mz.SPA.155-3.M5.bin Done!
verify /md5 (sdflash:c800m-universalk9-mz.SPA.155-3.M5.bin) = 459ed3d88cd440d887b528e866544787
確認できました。こちらも大丈夫そうです。これで無事に転送が終わりました。

CISCOルータはストレージ中のbinファイルを探して自動的に起動してきてくれるので、古いIOSを削除しても問題ありません。ですが、初回はフォールバックできるよう古いIOSは消さずに、下記のように指定するのが無難でしょう。
Router(config)#boot system flash:/c800m-universalk9-mz.SPA.155-3.M5.bin

Cisco IOS Software, C800M Software (C800M-UNIVERSALK9-M), Version 15.5(3)M5, RELEASE SOFTWARE (fc1)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CISCO 841M 新しいIOSが出てる(2017/03/03) [CISCO]

2017/02/08付けで、新しいIOS 15.5(3)M5が出ているようですね。まぁ、特に問題がないのであれば無理してIOSをアップグレードする必要はないのですが。

以下にリリースノートが転がっていて、修正されたバグ(Resolved Bugs)や残存バグ(Open Bugs)が載っていますが、結構出入りが激しいですねぇ。双方共に多過ぎです。IOSバージョンアップ時にOpen Bugsが10~20個ぐらいになったら安定してきたと考えても良いのかな。
http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/ios-xml/ios/15-5m-and-t/release/notes/15-5m-and-t-book/155-3MCAVS.pdf

ただ、これにはカラクリがあって、このリリースノートはルータ系ラインナップ全てが一元管理されているため、CISCO 841M Jに関係ない他機種のバグ情報も全て混ざってるんです。だから実質該当するバグはもっと少ないかと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CISCO 841M JのスループットとCPU使用率(2017/02/16) [CISCO]

Cactiもzabbixも安定してきたところで、CISCO 841M JのスループットとCPU使用率の関係を測ってみました。スループットについては、ワイヤレート転送や遅延値を調べた訳ではなく、パソコンのロングパケットの連続転送にちゃんと追従してきてくれるかといったところをざっくり見ています。だから実際は、パソコンやファイルサーバ(FreeBSD)側の処理性能(ハードディスクの読み込み書き込み速度や、NICの性能)で頭打ちしているはずです。

CISCO 841M Jは、IPv4、IPv6共に有効にしていますが、実際のファイル転送はIPv4上で行っています。また、アクセスフィルタやQoS機能、NAT機能は一切設定していません。ルーテッドポートとVLAN間の転送処理として見てもらって良いです。(が、NetFlowによるトラフィック集計機能は動かしています)

■Cacti
20170216_cacti_traffic_01.jpg

20170216_cacti_cpu_01.jpg


■zabbix
20170216_zabbix_traffic_01.jpg

20170216_zabbix_cpu_01.jpg

CPU使用率がそれなりに上昇するようですが、製品の価格帯を考えれば十分ではないでしょうか。ちゃんとスループットも出ているようですし。ただ、この状態でQoSやらアクセスフィルタ、最近のinspectセキュリティ機能を動かすとどうなるんでしょうかね。


タグ:ZABBIX
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感