So-net無料ブログ作成

グラフィックボードをGeForce GT 1030に買い換え その2 (2017/10/01) [雑記]

いろいろあってその2を書くのを忘れていました。

とりあえず行き当たりばったりで秋葉原に赴き、適当な製品を買う予定でした。価格.comの最安値はあまり気にしません。安いには安いなりの理由がある訳ですから、トラブルが起きる可能性を考えると、信頼できるお店で買った方がトータルではプラスです。
ただ、レビューだけをざっと眺めていくことにします。ふむふむ。MSIの製品が売れ筋で評価が高い模様です。

最初は昭和通り口にあるヨドバシカメラに行きました。ヨドバシカメラは安心できますが、価格は確実に高いですし、秋葉原に来た意味があまりありませんので、売り場を眺めて素通りして出て行きます。(別で買ったタブレットのケースやフィルムがないか探しましたが、ありませんでした)

早々にいつも行くパーツ屋通り(※)へ。ちなみにどうでも良いですが、この通りは通称「DOS/V通り」って言うらしいですね。へぇー初めて知りました。でも今の若い人って、「どすぶい」って何か分かってるのかな。
ただ、DOS/V通りって表記しているWebページ10年前のページなので、やっぱり今ではそんな名前では呼んでいないのかもしれない…
※中央通りを一本西に入った裏通り

って、あれ? あんまり気にしたことなかったけど、TWOTOPがパソコン工房に変わってる。

私はドスパラでよく買い物をするので、今日はいろいろな店を回って最安値を探すようなことはせず、ドスパラにあるラインナップで適当に買うことにします。するとありました、MSIのグラフィックボード「GT 1030 2G LP OC」。お値段もぎりぎり予算に収まります。
ロープロファイル!って謳っているので、念のためにロープロファイル対応モデルあって、専用モデルでないことを確認し、いざお買い上げ。チャリーン!

自宅に帰って、早々にお取り付け。さっそく3DMarkスコアを測ってみました。
測定中の画面は、ものすごく滑らかという感じではないですが、少なくとも以前よりはかなり改善しています。

■Windows10標準ドライバ
スコア値3172(Fire Strike V1.1)でした。約3倍と、大幅に数値がアップしました。
Graphics score 3623
Graphics test1 16.80fps
Graphics test2 14.83fps
Physics score 5992
Physics test 19.02fps
Combined score 1203
Combined test 5.60fps

■nvidiaの公式ドライバ
スコア値3178(Fire Strike V1.1)でした。ま、誤差の範囲ですかね。
Graphics score 3633
Graphics test1 16.87fps
Graphics test2 14.86fps
Physics score 6004
Physics test 19.06fps
Combined score 1202
Combined test 5.59fps

と言う訳で無事アップグレード完了です。当然ですが、普段のWindows使いにおいて、体感的には何も変わらないです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グラフィックボードをGeForce GT 1030に買い換え その1 (2017/09/23) [雑記]

メインパソコンに挿しているグラフィックボードは、SAPPHIRE HD6670 1G(Radeon HD 6670)を使っています。パソコンではあまりゲームはしないので、何の不満もない訳ですが、製品が2011年のモデルなので、買い換えることにしました。まぁ、旧世代すぎてAMDでも公式ドライバ一覧からは消えている製品ですし。

とりあえず現状の3DMarkスコアを測ってみました。スコア値1198(Fire Strike V1.1)でした。見るからにカクカクで、とてもゲームは遊べそうにありません。ちなみにテストの詳細は下記の通りでした。ご参考までに。
なお、Physics、Combinedテストにはパソコン本体のCPU処理能力が反映されているらしいので、Intel Core i5 2450Pのうちの環境だと大した数字は出ていないと思います。単純比較はできないようなのでご注意ください。
Graphics score 1225
Graphics test1 5.52fps
Graphics test2 5.15fps
Physics score 5978
Physics test 18.98fps
Combined score 507
Combined test 2.36fps

買い換えるグラフィックボードは何でも良いのですが、要求仕様は以下です。
 ・予算は1万円
 ・AMD、nVIDIAどちらでも可
 ・省エネを前提にそこそこの性能で良い
 ・ただし、AMD HD 6670より大幅に性能アップすること
 ・HDMIポート必須。将来的にDisplayPortはあった方が良い
 ・省スペースは必須ではないが、省スペースだとうれしい
 ・FANはあった方が良い(放熱の観点から)

価格.comでいろいろと見てみたら、GeForce GT 1030が良い感じです。nVIDIAのローエンドGPUで、今年の春頃に各社から製品が販売されています。ざっと比較してみましょう。

■Radeon HD 6670(AMDのサイトより)
CPUクロック:800 MHz
メモリクロック:1000 MHz(4000MHz相当と記載されている一般Webサイトあり)
メモリ:1GB
メモリバンド:64GB/s
処理能力:768 GFLOPs
消費電力:?(66Wと記載されている一般Webサイトあり)

■GeForce GT 1030(nVIDIAのサイトより)
CPUクロック:1468 MHz
メモリクロック:3000 MHz
メモリ:2GB
メモリバンド:48GB/s
処理能力:?
消費電力:30W

消費電力が半分というのはうれしいですね。

その2へ続く。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フリーWi-Fiスポットを使ってみる (2017/07/18) [雑記]

先日、人生で初めて真面目にフリーWi-Fiスポットを使ってみました。私の所感としては、場所によってはかなり使えるようです。
何年も前の話ですが、auが契約者向けに街中にau Wi-Fi SPOTを立て始めた頃、スマホがau Wi-Fi SPOTの微弱の電波を掴んではろくに通信もできない状態を繰り返すという最悪な状況を体験してからは、私はこの手のWi-Fiスポットには否定的だったのです。

補足しておきますが、(フリー)Wi-Fiスポットとは公共団体や企業が(無料で)提供しているWi-Fiで、ルールさえ守れば誰でも自由にインターネット接続できるサービスです。ただ、セキュリティの脆弱性についても指摘されており、“個人情報を垂れ流している”というそれなりの覚悟を持って使うべきサービスです。(笑)
また、そもそものところで、悪意ある人がフリーWi-Fiスポットの名前に似せた紛らわしい無線LAN電波を発信しているケースもあります。間違ってそんな無線に接続してしまうと、ウィルスやマルウェアに感染させられたり、目も当てられない悲惨な状態になる可能性もあります。くれぐれも自己責任で。

さて、先日京都を旅行した際のことです。京都のお国柄と言いますか、観光に来る外国人の数が圧倒的に多く、ニーズを反映してなのかフリーWi-Fiスポットのカバーエリアが半端ないのです。神社・仏閣主要な場所であればどこでも電波を拾います。しかも基本的に観光地って徒歩移動ですから、移動に伴ってブツブツ頻繁に途切れるようなことはないですし、実に快適でした。
私がメインで使っていたのはKYOTO Wi-Fiですが、下記で見る限り無線APの設置数・密集度が半端ないです。
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/wifi/
20170718_Kyoto Free Wi-Fi.jpeg
ちなみに、このときはちゃんと利用登録しました。(一度登録すると1ヶ月間は再登録不要のため)

そんなこんなで味を占めたので、関東でも使ってみました。関東のフリーWi-Fiスポットは種類(提供事業者)が多い上にそれぞれがメールアドレス等の利用登録を要求するものが多いようで、少々使い勝手が悪いです。正規の方法で使う場合、無線LANに仮接続(利用登録用のWebページのみに限定的アクセスができる状態)し、そこで必要な個人情報を登録して初めて使えるようになります。はっきり言って、そんな登録している間に電車が来てしまいます。

とまぁ、そういった面倒な手続きを嫌うのであれば、下記のようなアプリがあります。
Japan Connected-free Wi-Fi(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nttbp.jfw&hl=ja)
訪日外国人向けアプリと記載されていますが、ゲフンゲフン細かいことは気にしない。基本的に日本各地のフリーWi-FiスポットのSSIDが登録されており、このアプリ経由で接続する場合に限り面倒な利用手続きをスキップできます。(実態としては代行処理をしているのでしょう)

Japan Connected-free Wi-Fiについての個人的感想を。
使えねぇ(≒関東のフリーWi-Fiスポットは使い勝手悪い)
はい、以上。まだまだサービスが未成熟なのかもしれませんが、基本的に関東圏の場合、電車で移動することが多く、せっかく繋いでも移動が始まってしまい、すぐに切れてしまいます。また、そもそもの電波が極端に弱かったり、あるはずの電波がなかったりと、接続すらままならない状態です。賛同している企業は多いかもしれませんが、実質的カバーエリアはものすごく狭く、その質も悪いです。
また、接続履歴・設定が変にスマホ本体の方に残ってしまい、利用登録が必要なフリーWi-Fiを(Japan Connected-free Wi-Fi経由ではなく)スマホ本体が勝手に掴んでしまい、どこにも通信できなくなる事象も発生しました。その場合、スマホのWi-Fi設定を強制的にOFFにすることを強いられます。(Japan Connected-free Wi-Fiを立ち上げて、接続ボタンを押してもアクセスポイントが見つからないと言われる)

個人的には乗り物系は、駅ではなく乗り物の中にフリーWi-Fiスポットを設置して欲しいですね。それであれば移動に伴ってブチブチ切れるようなことはないはずです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

auスマートホンがキャリアWiFiをつかんでしまう (2017/06/08) [雑記]

最近、うちのスマホをAndroid7.0にアップグレードしました。それはまぁ良いとして、だいたいこういったメジャーバージョンアップには不具合がつきまとうものです。特に、ユーザが独自にインストールしているアプリケーションは、それがたとえGoogleストアのものであってもキャリアの目が行き届きませんでしょうから、不具合が出ることもあります。(実際に、某アプリで不具合が出ました)

だから無事アップグレードが完了したら、私が真っ先にすることは、スマホをクリーンインストールすることです。それに尽きます。
それで暫く使い続けていたのですが、ちょっと前に、スマホがおかしな動作をすることに気付きました。

私はモバイルルータで通信をau以外に逃がしているのですが、スマホとモバイルルータ間は自分で定義した2.4GHz WiFi電波を使って疎通をしています。ここでは仮にSSID Aとしましょう。だから私のスマホは基本的にSSID Aを掴むのですが、通信中に無効にしているはずのau Wi-Fi SPOTの電波(具体的にはau_Wi-Fi2)を一瞬拾ってすぐに切断するという奇妙な動作を行うようなのです。

私はau Wi-Fi SPOTは不安定なので大嫌いです。だから「au Wi-Fi接続ツール」は、真っ先に無効化するなりアンインストールするなりします。今回も無論、無効化済みでした。しかしau_Wi-Fi2の電波を一瞬掴むという事実はやはり事実なのです。
しかし餅は餅屋と言いますか、au Wi-Fi SPOTを使わない設定をするには「au Wi-Fi接続ツール」を使う必要があるのです。
少し癪ですが、au Wi-Fi接続ツールを再度インストールし、設定を確認します。はい、ありました。

「高セキュリティかつ高品質なSPOTのみ利用」

となっていたので、「au Wi-Fi SPOTを利用しない」に変更して完了。au Wi-Fi接続ツールはいらないので再度無効化しました。これで安心して眠れますね。
…が、すぐにau_Wi-Fi2を掴む事象が再発。そして、即時切断される事象も変わらず。そうかアプリを無効化したらau Wi-Fi SPOTを使用しないという設定も消えてしまうのかと自己納得し、面倒だと思いながらも再度インストールしました。

設定は「au Wi-Fi SPOTを利用しない」が選択されたままでした。

そうかこの設定はau Wi-Fi接続ツールをインストールしている間だけ有効なんだ。いらないからといって安易に無効化できないんだな、面倒なアプリだなととこれも自己納得し、今回は無効化せずインストールされた状態を維持しました。

au_Wi-Fi2を掴んで切断する事象が再発

これは発狂ものです。どうやっても直りません。全くどうなってるのauさん! 本気でクリーンインストールしようかと迷いました。
原因が分からず、その後暫くは不具合とお付き合いしながら耐えていたのですが、ある時ふとスマホ本体の「保存済みのWiFiネットワーク」の設定を目にしたのです。

au系のSSID(WiFi電波設定)が全ラインナップ登録されてました

そう、こいつが原因だったのです。おそらくau Wi-Fi接続ツールがスマホ本体の設定をうまく変更できず、アプリで使用不可設定を選択しても、スマホ本体の設定は何も変わっていないという不具合のようです。

手動でこれらのSSIDを削除したら、あらまぁ、不具合が嘘のように解消しましたとさ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自転車を買い換えました (2017/06/06) [雑記]

私は、自転車は2年サイクルで買い換えています。私の運転はかなり荒く、2年も経てばフレームは歪んできますし、ギアの歯も欠けてきます。ブレーキもヘロヘロになりますし、パンクだってしますから、下手なメンテナンスで手を煩わされるぐらいなら、いっそ定期的に買い換えた方がトータルのコストではお得と考えています。

昨年まで乗っていた自転車は最悪でした。ギアの歯は乗り出し早々に欠けるし、後輪ブレーキは効かないし、さらに雨が降ると後輪ブレーキはもっと効かなくなるし。かなり早い時期から後輪ブレーキがキーキー鳴り出す始末。

そういったことがあったので、今年の自転車選びは入念に行いました。そうそそう、言い忘れましたが、私が乗るのはシティサイクルです。偉そうに自転車を語っていますが、ロードバイクではなくママチャリ(変速ギア付き)です。
ズバリ、今年の自転車はアタリを引きました。所詮はイオンで買ったママチャリなのですが、個人的にこの自転車は非常に高評価を上げたいですし、他の方にもぜひお薦めしたいです。
丸石サイクル ベルナモC 26型 6段変速 https://www.aeonbike.jp/products/1957
20170606_自転車.jpg

6段変速、LEDライトや特殊形状の鍵など設備面は言うに及ばずなので、純粋に乗り味について語らせていただきます。
最初、この自転車を買ったときは、非常に直進性の強い自転車だと感じました。感覚論なので表現が難しいのですが、曲がり角で自転車を倒しても、自分の意図しないところで自転車がすぐに起き上がってくるのです。構造が特殊な訳ではありません。タイヤが四角い訳でもありません。ですがなぜかそういう挙動なのです。
購入から2ヶ月、私がその感覚に馴染んでしまったのか、あるいは空気圧が抜けたり、タイヤがすり減ってたりして自転車が環境にこなれたのかは分かりません。今現在はそういった違和感は感じなくなりました。逆に今の状態の操作性はすごく良いです。曲がり角で倒し込んでも、ちゃんと起き上がってきてくれるという信頼感があります。

次に、フリクションロスが少なくて本当に疲れないです。フリクションロスとは、つまり摩擦抵抗です。自分の漕ぐ力が、高効率で自転車の動力に変換されるのです。これは確実に差を感じます。
私の家の近くにそこそこの坂があるのですが、昨年乗っていた自転車を含め、歴代の自転車は最も軽いギアにしないと上れなかったのですが、この自転車は最も重いギアのまま登りきれてしまいます。これは自分でもびっくりしました。
また、自転車は漕ぐのをやめても、ある程度は惰性で走ることができますが、この惰性で走れる距離が格段に違うのです。こういったところからも作り込みの良さが感じられるのです。

次の買い換え時期も、丸石サイクルの同等のラインナップがあればぜひ選びたいです。もし迷っている人がいれば、選択肢の一つとしてどうでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

700年後にも通じることば (2017/04/23) [雑記]

最近でも、コスモ君とかペガサスちゃんとか、よく分からないことばを子供の名前に付ける親がいますよね。吉田兼好グッジョブ!としか言い様がない。(内容はインターネットからのコピペです)
お寺の名前や、その他の様々な物に名前を付けるとき、昔の人は、何も考えずに、ただありのままに、わかりやすく付けたものだ。
最近になって、よく考えたのかどうか知らないが、小細工したことを見せつけるように付けた名前は嫌らしい。
人の名前にしても、見たことのない珍しい漢字を使っても、まったく意味がない。

どんなことも、珍しさを追求して、一般的ではないものをありがたがるのは、 薄っぺらな教養しかない人が必ずやりそうなことである。

徒然草 吉田兼好

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キヤノンのプリンタが壊れた (2017/03/12) [雑記]

キャノンではありません。キヤノンです。[ふらふら]

うちのCannon MG5530がいよいよ調子悪くなってきました。故障と言っても差し支えのないレベルです。過去、エプソンプリンタのインク詰まり故障にはいろいろと泣かされてきましたが、今回のキヤノンは基盤系の故障のようです。(意外とレア?)

昨年末あたりから印刷ムラが発生するようになったとお伝えしていましたが、最近は途中で印刷がストップし、印刷途中のまま強制排紙されるようになりました。高価な印刷紙を使っていても、全てパァです。
さらにここ数日の話だと、印刷データを送信しても反応せず、プリンタキューを確認したら通常の1/20ぐらいの速度で少しずつデータストアするケースが出てくるようになりました。いつまで経っても印刷が始まらないため、キャンセルしてやり直します。

一応、対策ぽいことはやっています。

印刷ムラ:
 アライメント調整は何度もやってみたがダメ
 インクを乾かせる時間を長くしてもダメ
 MacOSから印刷してもダメ
 プリンタ本体の設定を初期化してもダメ

印刷がストップし強制排紙される:
 無線LAN接続だったのでUSB接続に切り替えてみたけどダメ
 (なお、印刷がストップする瞬間、無線LANのpingが10秒ほど無応答になる)
 印刷データを全てスプールしてから送信する設定にしてもダメ

結論、諦めました。故障と言うことで修理に出しても良いのですが、私は車を持っていないので修理窓口までの運搬に難があるのと、MG5530モデルそのものが持病を抱えていて、修理してまで使おうと思わなかったからです。
病気とは、印刷トレイに置いた紙の巻き取りに難があり、紙が設置してあるにもかかわらず、紙がうまく巻き取れず"紙がありません"と頻繁にエラーが発生することです。(紙の巻き取り調整をやってもダメ。ネットで多数の同様事例の報告あり)

私はお金を出してこの機種を買っているので、敢えて言わせて貰います。MG5530はダメです。安い中古品があっても飛びつかないようにしましょう。
と言うわけで買い換えることにしました。エプソン、キヤノンとダメなら、ブラザーのプリンタはどうかな?と、興味を持っているこの頃です。
タグ:故障
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プリンタの調子が悪い (2017/01/05) [雑記]

プリンタはCanon派です。最初に買ったプリンタはNEC PC-PR101/J110で、次はEPSON PM-750C(当時SPEEDがCMやってたやつ) でした。その後もう一度EPSON製を買っています(型名は忘れた)が、Epsonは2回ともインク詰まりを起こして廃棄処分にしています。(放置した私も悪いのですが)
Epsonが嫌いな訳ではないですが、特別な何かがない限り、これからもCannonを買い続けることでしょう。

さてさて。今、私の家にあるのはCannon MG5530です。年賀状シーズンだからとフル稼働させた訳ですが、どうも印刷が汚いことに気付きました。まぁ、色合いのノイズが目立つなぁというレベルなので、言うほど致命的なものではなく、さらに年賀はがきに印刷しちゃったものはどうしようもないので、そのまま"あけましておめでとうございます"と送付させて頂きましたが。
一応、インク詰まりを発生させないよう、どんなに期間が空いても数ヶ月に一度動かしていましたし、11月の試運転の時はそれは綺麗に印刷できていたものです。

ちなみにヘッドクリーニングしてもダメ、ヘッド位置を自動調整しても手動調整してもダメ。インク詰まりが起きている訳でもなく、何が悪いのかよく分かりません。ほとんど使用しないまま寿命を迎えたのでしょうか。
視覚的に分かりやすくなるかと思い、テスト画像とそれを印刷した結果をスキャンしたものを掲載します。

20170105_Printerオリジナル.jpg
図1 オリジナル印刷データ


20170105_IMG_20170104_0003.jpg
図2 印刷したものをスキャンしたもの


印刷したものをスキャンしているため、スキャンに伴う全体的な劣化は気にしないものとします。しかし、左から順に「おうど色」、「ピンク」、「水色」、黒を飛ばして「シアン」の4色が特にざらついた感じになっていることが分かるでしょうか。これはスキャンによる劣化ではなく、実際の印刷結果がそうなっているのです。(目視でも余裕で分かるレベル)
画像を変えて100枚ぐらい印刷してみたのですが、全く変化がありません。状況によって、赤みが強かったり、全体的に黒っぽかったりと…どの色か分かりませんが(個人的にはシアン犯人説)インクそのものが劣化しているのかもしれません(あるいは気温のせい?)。 勿体ないのでインクの途中交換はしませんが、次にインクを交換する際、同様の実験をしてみようかと思います。

なお、民間療法として聞いたレベルなので真偽の程は不明ですが、ヘッドクリーニングは原則やらない方が良いようです。まぁ、当たり前と言えば当たり前なのですが、ヘッドの乾きによる擦れ程度であれば、ヘッドクリーニングはせず、私が使用したテスト画像のようなもので大量のインクを吐出させた方が、プリンタ寿命的にも良いらしいのです。
ヘッドクリーニングを行うのは、それでもダメな場合の最後の最後手段とせよ、ということでした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

電子ホワイトボード ブギーボード(BB-7N)を買ってみた (2017/01/03) [雑記]

電子ホワイトボードを買ってみました。電子ホワイトボードって馴染みがないかと思いますが、一言で言えば電池式で再利用可能なホワイトボードです。ホワイトボードは便利なのですが、ペンのメンテナンス(インク切れ)や、文字を消したときに発生する微小なゴミの処理が面倒だったりします。
そういった問題を解消した電池式のホワイトボードが電子ホワイトボードです。KING JIMでは電子メモパッドという名称のようですね。基本的は事務用品扱いですが、ヨドバシカメラやビックカメラ等の量販電気店でも売られています。電子辞書等のコーナー近くに置いてあったりします。

20170103_DSC_0011.JPG

使い方はとても単純で、付属のペンで書いてボタンを押せば消える。ただそれだけです。BB-7Nのモデルでは、ボタン電池で約3万の再利用が可能です。なお、同社製品の廉価モデルでは電池交換が不可だったりします。(割り切った使い方をするならそれも良いでしょう)
他社製品の高級モデルだと、挿入したSDカードにPDFやJPEG等での書き出しが可能な製品もあるようです。

20170103_DSC_0012.JPG

意外や意外、書き味はとても滑らかで、ペン圧を検知して線の太さに反映してくれます。付属のペンも使いにくいということはなく、普段と同じように字や絵が描けます。
用途に制限はないので、何にでも使えます。私の場合、パソコン周りに置いてゲームの謎解き情報など、ちょっとメモしたい時に使っています。裏にマグネットが付いているので、普段はパソコン机の足に貼り付けています。
また、切れそうな調味料があって忘れそうなときは、冷蔵庫に貼り付けて即席のメモボードとして使ったりもしています。

20170103_DSC_0013.JPG

業務用途だと、コールセンターなどでも使われているようですね。初期投資はちょっと高めですが、ずっと使えると考えるともう少しフィーチャーされても良いのではないかと思っています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハクキンカイロを買ってみた (2017/01/03) [雑記]

年末にハクキンカイロを買ってみました。実は以前より興味があったのですが、基本的に内勤のため、会社に持って行くには持て余すということで購入に至りませんでした。さらに、私は釣りなどのアウトドア系の趣味などもなく、いよいよ不要ということだったのですが、たまーに乗るバイクの時に活躍するのでは?と思い、年末に買ってみました。

結論を最初に言っておきます。めちゃめちゃ便利です。

さて、ハクキンカイロについて知らない人も多いと思いますので、軽く説明しておきます。ハクキンカイロとは日本人が発明した戦前よりあるカイロです。可燃性の液体であるベンジン(ガソリンとか灯油の仲間)を触媒によってじわじわと反応させ、ほどよい温度を長時間維持させる、そういう仕組みのカイロです。今のような使い捨てカイロが普及する前は主流品だったのではないかと思いますが、私は生まれていないのでよく分かりません。
写真はminiカイロ、最大で18時間使用可能なコンパクトタイプです。

20170103_DSC_0022.jpg

■良い点
・燃料がなくなるその瞬間まで温度を維持し続ける(使い捨てカイロのように温度が低下しない)
・温度を維持するのは3~30時間(カイロのサイズとベンジンの量で調節)
・温度は40~45度と非常に温かい
・ゴミが出ないので超エコ
・レトロなデザインが逆にオシャレ
・ベンジンが染み抜きにも使える

■悪い点
・途中で火を消せない(ベンジンがなくなるまで放置するしかない)
・若干臭う(かすかなオイル臭)
・ベンジン注入時に、慣れないと手が汚れる(洗えば済みますが)
・触媒の初期反応時に火を使う(ライターで数秒間あぶる程度)
・1.5~3年毎に部品交換のメンテナンスが必要
・燃料のベンジン、ライターが機内持ち込み不可で、飛行機と相性が悪い

といった感じです。温かすぎて、厚着をすれば暖房なしでそのまま夜を過ごせそうなぐらいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感