So-net無料ブログ作成
検索選択

Webカメラは・・・使えなかった その2 (FreeBSD 11.1R、2017/08/16) [FreeBSD]

現行のCommunicate STX Plus(V-UCJ45)が10年選手だったので、リフレッシュも兼ねて新しいWebカメラを買うことにしました。FreeBSDで使えるかどうかはあまり気にせず、とりあえずコスパの良い高性能なものを考えていました。最初は無難にLogicoolの後継モデルあたりで良いかと思っていた訳ですが、最終的にサンワサプライにしました。

LogicoolであればFreeBSDの動作実績リストに載っているものも多数有り、それなりに安心だった訳です。
https://wiki.freebsd.org/WebcamCompat
ですが、スペック表を見て驚愕しました。半ば素人を惑わすような記載があり、ガッカリしたからです。

Logicoolラインナップは、1500円~3000円の価格帯ではざっと以下の通りです。まぁ、悪くはないですよね。大々的に謳っている画素数もまずまずです。一般人が目にする情報でもあります。
---------------------------
C310h 500万画素
C310 500万画素
C270m 300万画素
C270 300万画素

しかし、そこにスペック表の情報を足してみます。
---------------------------
C310h 静止画 500万画素(ソフトウェア処理による) / 120万画素(画像センサー)
C310 静止画 500万画素(ソフトウェア処理による) / 120万画素(画像センサー)
C270m 静止画 300万画素(ソフトウェア処理による) / 120万画素(画像センサー)
C270 静止画 300万画素(ソフトウェア処理による) / 120万画素(画像センサー)

ええっ、これって詐欺ギリギリじゃないですか? 動画用のWebカメラとして使う場合は、どれを買っても120万画素ということでしょう。300万画素や500万画素を謳っていますが、Webカメラで静止画って、デジカメじゃないのですから…。仮に静止画で使うとしても「ソフトウェア処理」じゃ役に立たないですし。

そういったこともあり、Logicoolには失望し、別の製品を買うことにしました。そして手にしたのはサンワサプライのCMS-V30SETSVです。エレコムのUCAM-C0220FBNBKとも迷ったのですが、前者は1600x1200 最大15fpsであったのに対し、後者は1600x1200 4fpsと記載されていたのでサンワサプライにすることにしました。

ちなみにFreeBSDに接続してみたところ、ちゃんと認識されて/dev/video0が作成されました。(要webcamd)
ugen1.3: <Sonix Technology Co., Ltd. USB 2.0 Camera> at usbus1
uaudio0 on uhub2
uaudio0: <USB Microphone> on usbus1
uaudio0: No playback.
uaudio0: Record: 48000 Hz, 1 ch, 16-bit S-LE PCM format, 2x8ms buffer.
uaudio0: Record: 44100 Hz, 1 ch, 16-bit S-LE PCM format, 2x8ms buffer.
uaudio0: Record: 24000 Hz, 1 ch, 16-bit S-LE PCM format, 2x8ms buffer.
uaudio0: Record: 22050 Hz, 1 ch, 16-bit S-LE PCM format, 2x8ms buffer.
uaudio0: Record: 16000 Hz, 1 ch, 16-bit S-LE PCM format, 2x8ms buffer.
uaudio0: Record: 11025 Hz, 1 ch, 16-bit S-LE PCM format, 2x8ms buffer.
uaudio0: Record: 8000 Hz, 1 ch, 16-bit S-LE PCM format, 2x8ms buffer.
uaudio0: No MIDI sequencer.
pcm0: <USB audio> on uaudio0
uaudio0: No HID volume keys found.

ただ、目的としていたmotionについては、Channel Port -1 out of rangeという謎のメッセージと共にうまく使えませんでした。(勉強不足かも) 定期的にJPEG画像は吐き出されるのですが、何も映らないグレーの画像ばかりでした。
root@mybsd:/usr/local/etc/motion # motion
[0:] [NTC] [ALL] conf_load: Processing thread 0 - config file /usr/local/etc/motion/motion.conf
[0:] [NTC] [ALL] motion_startup: Motion 4.0.1 Started
[0:] [NTC] [ALL] motion_startup: Logging to syslog
[0:] [NTC] [ALL] motion_startup: Using log type (ALL) log level (NTC)
[0:] [NTC] [ENC] ffmpeg_init: ffmpeg libavcodec version 57.89.100 libavformat version 57.71.100
[0:] [NTC] [ALL] main: Camera 0 is from /usr/local/etc/motion/motion.conf
[0:] [NTC] [ALL] main: Camera 0 is device: /dev/video0 input -1
[0:] [NTC] [ALL] main: Stream port 0
[0:] [NTC] [ALL] main: Waiting for threads to finish, pid: 59091
[1:] [NTC] [ALL] motion_init: Camera 0 started: motion detection Enabled
[1:] [NTC] [VID] vid_start: [/dev/video0]
[1:] [ERR] [VID] set_input: Channel Port -1 out of range (0-4)
[1:] [NTC] [VID] v4l_start: set input [-1]
[1:] [WRN] [ALL] motion_init: Could not fetch initial image from camera Motion continues using width and height from config file(s)
[1:] [NTC] [ALL] image_ring_resize: Resizing pre_capture buffer to 1 items
[1:] [WRN] [ALL] motion_loop: Retrying until successful connection with camera
[1:] [NTC] [VID] vid_start: [/dev/video0]
[1:] [ERR] [VID] set_input: Channel Port -1 out of range (0-4)
[1:] [NTC] [VID] v4l_start: set input [-1]
[1:] [WRN] [ALL] motion_loop: Retrying until successful connection with camera
[1:] [NTC] [VID] vid_start: [/dev/video0]
[1:] [ERR] [VID] set_input: Channel Port -1 out of range (0-4)
[1:] [NTC] [VID] v4l_start: set input [-1]


nice!(0)  コメント(0) 

Webカメラは・・・使えなかった その1 (FreeBSD 11.1R、2017/08/11) [FreeBSD]

■軽井沢別荘のWEBカメラでmotionを使ってみる
https://www.ginnokagi.com/2014/07/webmotion.html

こういったWebページがあるので、これのFreeBSD版をやってみたかったのですよ。まぁ、監視など明確な目的がある訳ではなく、FreeBSDサーバが常時動いているので、ついでに定点映像(とはいっても自宅ですが)が外からスマホで見えたらステキだなぁ~とそんな程度のモチベーションです。
以前ノートパソコン付属のWebカメラで映像を映した実績がありますし、portsのmotionもインストールできましたし、なんとかなるかと思っていたら…ダメでした。Webカメラが認識されません。

WebカメラはCommunicate STX Plus(V-UCJ45)であり、そこそこ年代物という意識はあったのですが、調べたら販売年2007年とありました。そう、10年選手なのです。毎日通電している割には、よくぞ壊れず耐えてくれたものです。(※メインPCに取り付けて現役で使ってます)
当時はそこそこの高画質の準ハイエンドモデルぐらいだったと記憶しているのですが、調べてみたら130万画素でした。時代を感じさせます。これを機にカメラを買い換えてみるかな。

ちなみにドライバは要注意です。
root@mybsd:~ # man webcamd
...
            # FreeBSD < 11.x, package from ports
            cuse4bsd_load="YES"

            # FreeBSD >= 11.x, part of default kernel build
            cuse_load="YES"
FreeBSD 11.xR以上を使用しているのであれば、portsからcuse4bsdを導入する必要はなくなりました。

nice!(0)  コメント(0) 

FreeBSD 11.1R Samba復旧 (FreeBSD 11.1R、2017/08/08) [FreeBSD]

復旧というほどのものではないですが、NASとして使っている以上、Samba上のファイルを一時待避→FreeBSDクリーンインストール→復旧コピーという行程が必要になります。
今回はmuninの可視化の設定を先に終えていましたので、復旧コピー中のCPU温度を見ることができました。実に分かりやすい。
20170808_coretemp-day.png

nice!(0)  コメント(0) 

MSI C847IS-P33 FreeBSD 11.1Rインストール (FreeBSD 11.1R、2017/08/08) [FreeBSD]

MSI C847IS-P33になんら不満はないのですが、そろそろ新しい構成に更改してみたいと思う今日この頃。個人的にはbhyve上でWindowsを動かしてみたい。

恒例のdmesgです。よく見たらディスクの転送速度が正副で違いますね。ま、いいか。
Copyright (c) 1992-2017 The FreeBSD Project.
Copyright (c) 1979, 1980, 1983, 1986, 1988, 1989, 1991, 1992, 1993, 1994
        The Regents of the University of California. All rights reserved.
FreeBSD is a registered trademark of The FreeBSD Foundation.
FreeBSD 11.1-RELEASE #0 r321309: Fri Jul 21 02:08:28 UTC 2017
    root@releng2.nyi.freebsd.org:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC amd64
FreeBSD clang version 4.0.0 (tags/RELEASE_400/final 297347) (based on LLVM 4.0.0)
VT(vga): resolution 640x480
CPU: Intel(R) Celeron(R) CPU 847 @ 1.10GHz (1097.53-MHz K8-class CPU)
  Origin="GenuineIntel"  Id=0x206a7  Family=0x6  Model=0x2a  Stepping=7
  Features=0xbfebfbff<FPU,VME,DE,PSE,TSC,MSR,PAE,MCE,CX8,APIC,SEP,MTRR,PGE,MCA,CMOV,PAT,PSE36,CLFLUSH,DTS,ACPI,MMX,FXSR,SSE,SSE2,SS,HTT,TM,PBE>
  Features2=0xdbae3bf<SSE3,PCLMULQDQ,DTES64,MON,DS_CPL,VMX,EST,TM2,SSSE3,CX16,xTPR,PDCM,PCID,SSE4.1,SSE4.2,x2APIC,POPCNT,TSCDLT,XSAVE,OSXSAVE>
  AMD Features=0x28100800<SYSCALL,NX,RDTSCP,LM>
  AMD Features2=0x1<LAHF>
  XSAVE Features=0x1<XSAVEOPT>
  VT-x: PAT,HLT,MTF,PAUSE,EPT,UG,VPID
  TSC: P-state invariant, performance statistics
real memory  = 4294967296 (4096 MB)
avail memory = 4015259648 (3829 MB)
Event timer "LAPIC" quality 600
ACPI APIC Table: <ALASKA A M I>
FreeBSD/SMP: Multiprocessor System Detected: 2 CPUs
FreeBSD/SMP: 1 package(s) x 2 core(s)
random: unblocking device.
ioapic0 <Version 2.0> irqs 0-23 on motherboard
SMP: AP CPU #1 Launched!
Timecounter "TSC" frequency 1097530048 Hz quality 1000
random: entropy device external interface
kbd1 at kbdmux0
netmap: loaded module
module_register_init: MOD_LOAD (vesa, 0xffffffff80f5b220, 0) error 19
nexus0
vtvga0: <VT VGA driver> on motherboard
cryptosoft0: <software crypto> on motherboard
acpi0: <ALASKA A M I> on motherboard
acpi0: Power Button (fixed)
cpu0: <ACPI CPU> on acpi0
cpu1: <ACPI CPU> on acpi0
hpet0: <High Precision Event Timer> iomem 0xfed00000-0xfed003ff on acpi0
Timecounter "HPET" frequency 14318180 Hz quality 950
Event timer "HPET" frequency 14318180 Hz quality 550
Event timer "HPET1" frequency 14318180 Hz quality 440
Event timer "HPET2" frequency 14318180 Hz quality 440
Event timer "HPET3" frequency 14318180 Hz quality 440
Event timer "HPET4" frequency 14318180 Hz quality 440
Event timer "HPET5" frequency 14318180 Hz quality 440
Event timer "HPET6" frequency 14318180 Hz quality 440
atrtc0: <AT realtime clock> port 0x70-0x77 irq 8 on acpi0
atrtc0: Warning: Couldn't map I/O.
Event timer "RTC" frequency 32768 Hz quality 0
attimer0: <AT timer> port 0x40-0x43,0x50-0x53 irq 0 on acpi0
Timecounter "i8254" frequency 1193182 Hz quality 0
Event timer "i8254" frequency 1193182 Hz quality 100
Timecounter "ACPI-fast" frequency 3579545 Hz quality 900
acpi_timer0: <24-bit timer at 3.579545MHz> port 0x408-0x40b on acpi0
pcib0: <ACPI Host-PCI bridge> port 0xcf8-0xcff on acpi0
pcib0: _OSC returned error 0x10
pci0: <ACPI PCI bus> on pcib0
vgapci0: <VGA-compatible display> port 0xf000-0xf03f mem 0xf7800000-0xf7bfffff,0xe0000000-0xefffffff irq 16 at device 2.0 on pci0
vgapci0: Boot video device
pci0: <simple comms> at device 22.0 (no driver attached)
ehci0: <Intel Panther Point USB 2.0 controller> mem 0xf7d04000-0xf7d043ff irq 16 at device 26.0 on pci0
usbus0: EHCI version 1.0
usbus0 on ehci0
usbus0: 480Mbps High Speed USB v2.0
pcib1: <ACPI PCI-PCI bridge> irq 16 at device 28.0 on pci0
pci1: <ACPI PCI bus> on pcib1
pcib2: <ACPI PCI-PCI bridge> irq 18 at device 28.2 on pci0
pci2: <ACPI PCI bus> on pcib2
re0: <RealTek 8168/8111 B/C/CP/D/DP/E/F/G PCIe Gigabit Ethernet> port 0xe000-0xe0ff mem 0xf7c04000-0xf7c04fff,0xf7c00000-0xf7c03fff irq 18 at device 0.0 on pci2
re0: Using 1 MSI-X message
re0: Chip rev. 0x2c800000
re0: MAC rev. 0x00100000
miibus0: <MII bus> on re0
rgephy0: <RTL8169S/8110S/8211 1000BASE-T media interface> PHY 1 on miibus0
rgephy0:  none, 10baseT, 10baseT-FDX, 10baseT-FDX-flow, 100baseTX, 100baseTX-FDX, 100baseTX-FDX-flow, 1000baseT, 1000baseT-master, 1000baseT-FDX, 1000baseT-FDX-master, 1000baseT-FDX-flow, 1000baseT-FDX-flow-master, auto, auto-flow
re0: Using defaults for TSO: 65518/35/2048
re0: Ethernet address: 11:22:33:44:55:66
re0: netmap queues/slots: TX 1/256, RX 1/256
ehci1: <Intel Panther Point USB 2.0 controller> mem 0xf7d03000-0xf7d033ff irq 23 at device 29.0 on pci0
usbus1: EHCI version 1.0
usbus1 on ehci1
usbus1: 480Mbps High Speed USB v2.0
isab0: <PCI-ISA bridge> at device 31.0 on pci0
isa0: <ISA bus> on isab0
ahci0: <Intel Panther Point AHCI SATA controller> port 0xf0b0-0xf0b7,0xf0a0-0xf0a3,0xf090-0xf097,0xf080-0xf083,0xf060-0xf07f mem 0xf7d02000-0xf7d027ff irq 19 at device 31.2 on pci0
ahci0: AHCI v1.30 with 4 6Gbps ports, Port Multiplier not supported
ahcich0: <AHCI channel> at channel 0 on ahci0
ahcich2: <AHCI channel> at channel 2 on ahci0
ahciem0: <AHCI enclosure management bridge> on ahci0
acpi_button0: <Power Button> on acpi0
acpi_tz0: <Thermal Zone> on acpi0
acpi_tz1: <Thermal Zone> on acpi0
uart0: <16550 or compatible> port 0x3f8-0x3ff irq 4 flags 0x10 on acpi0
orm0: <ISA Option ROM> at iomem 0xc0000-0xcefff on isa0
atkbdc0: <Keyboard controller (i8042)> at port 0x60,0x64 on isa0
atkbd0: <AT Keyboard> irq 1 on atkbdc0
kbd0 at atkbd0
atkbd0: [GIANT-LOCKED]
ppc0: cannot reserve I/O port range
est0: <Enhanced SpeedStep Frequency Control> on cpu0
est1: <Enhanced SpeedStep Frequency Control> on cpu1
Timecounters tick every 1.000 msec
nvme cam probe device init
ugen0.1: <Intel EHCI root HUB> at usbus0
ugen1.1: <Intel EHCI root HUB> at usbus1
uhub0: <Intel EHCI root HUB, class 9/0, rev 2.00/1.00, addr 1> on usbus0
uhub1: <Intel EHCI root HUB, class 9/0, rev 2.00/1.00, addr 1> on usbus1
ses0 at ahciem0 bus 0 scbus2 target 0 lun 0
ses0: <AHCI SGPIO Enclosure 1.00 0001> SEMB S-E-S 2.00 device
ses0: SEMB SES Device
ada0 at ahcich0 bus 0 scbus0 target 0 lun 0
ada0: <TOSHIBA MD04ACA200 FP1A> ATA8-ACS SATA 3.x device
ada0: Serial Number 548DK1DIFSIA
ada0: 600.000MB/s transfers (SATA 3.x, UDMA5, PIO 8192bytes)
ada0: Command Queueing enabled
ada0: 1907729MB (3907029168 512 byte sectors)
ada1 at ahcich2 bus 0 scbus1 target 0 lun 0
ada1: <TOSHIBA MD04ACA200 FP1A> ATA8-ACS SATA 3.x device
ada1: Serial Number 34Q1K09OFSIA
ada1: 300.000MB/s transfers (SATA 2.x, UDMA5, PIO 8192bytes)
ada1: Command Queueing enabled
ada1: 1907729MB (3907029168 512 byte sectors)
Trying to mount root from ufs:/dev/ada0p2 [rw]...
uhub1: 2 ports with 2 removable, self powered
uhub0: 2 ports with 2 removable, self powered
ugen1.2: <vendor 0x8087 product 0x0024> at usbus1
uhub2 on uhub1
uhub2: <vendor 0x8087 product 0x0024, class 9/0, rev 2.00/0.00, addr 2> on usbus1
ugen0.2: <vendor 0x8087 product 0x0024> at usbus0
uhub3 on uhub0
uhub3: <vendor 0x8087 product 0x0024, class 9/0, rev 2.00/0.00, addr 2> on usbus0
re0: link state changed to DOWN
uhub2: 4 ports with 4 removable, self powered
uhub3: 4 ports with 4 removable, self powered
ugen1.3: <BUFFALO BUFFALO Optical> at usbus1
umass0 on uhub2
umass0: <BUFFALO BUFFALO Optical, class 0/0, rev 2.00/1.08, addr 3> on usbus1
umass0:  8070i (ATAPI) over Bulk-Only; quirks = 0x0100
umass0:3:0: Attached to scbus3
cd0 at umass-sim0 bus 0 scbus3 target 0 lun 0
cd0: <PIONEER BD-RW   BDR-206 8.56> Removable CD-ROM SCSI device
cd0: 40.000MB/s transfers
cd0: 3193MB (1634993 2048 byte sectors)
cd0: quirks=0x10<10_BYTE_ONLY>
ugen1.4: <GASIA PS2toUSB Adapter> at usbus1
ukbd0 on uhub2
ukbd0: <GASIA PS2toUSB Adapter, class 0/0, rev 1.10/1.00, addr 4> on usbus1
kbd2 at ukbd0

タグ:dmesg
nice!(0)  コメント(0) 

Pandora FMSを使ってみる その2 (FreeBSD 10.3R、2016/06/21) [FreeBSD]

結論から言うと、Pandra FMSはportsに登録されていたみたいですね。おそらくpkgコマンドで簡単にインストールできてしまうのでしょう。私はportsに登録されているのを知らず、下記ページを見ながら手動インストールしました。
http://wiki.pandorafms.com/index.php?title=Pandora:Documentation_ja:Installing
まぁ、さすがに手動でインストールする人はいないでしょうが、一応、私のインストール過程をメモしておきます。私は上記のWebページの「FreeBSD へのインストール」のところを主に実施しています。(マニュアルが日本語って良いですよね)

・ソースコードの入手
下記から手動でtar.gzをダウンロードしました。ファイルを置いたらtarで展開します。
http://pandorafms.org/ja/features/download
用途は、agent:データ取得対象に常駐させて、定期的に情報を吸い上げるプログラム、server:agentからのデータを集計してまとめあげるプログラム、console:管理Webインタフェースを提供するプログラム、といったところです。

・ithread 対応 perl のインストール
私のperl(perl5-5.20.3_12)では、スレッド対応オプションが付いていました。(portsのmake configureで、デフォルト状態でオプション付きだった) だからこれは無視しました。

・依存パッケージの事前インストール
マニュアルに書いてある通りのソフトウェアを導入します。探せばすぐに見つかるでしょう。「package は利用できません」とありますが、pkgでインストールしました。無論、問題なく動いています。packageという表現からして、マニュアルが少し古いのかもしれません。
ちなみに、マニュアルにはapacheとありますが、私はlighttpdで動かしています。zabbixを動かすときにいろいろと初期設定をしていますが、基本的に普通の設定です。
なお、ちょっと記憶があやふやですが、Web console(pandora console)による初期設定時に、不足するライブラリについて教えてくれたように記憶しています。

・consoleのインストール
インストーラがとても良くできています。
root@mybsd:~/pandora_console # sh ./pandora_console_install --install 
 
Pandora FMS Console Installer 6.0SP2  (c) 2008-2015 ArticaST
This program is licensed under GPL2 Terms. http://pandorafms.com
 
Detecting operating system: FreeBSD
Checking default dir /usr/local/www/pandora_console...
uid=41121(pandora) gid=41121(pandora) groups=41121(pandora)
 
User pandora does exist, skipping this step
Creating Pandora FMS Console home directory at /usr/local/www/pandora_console ...
Copying Pandora FMS Console to /usr/local/www/pandora_console..
Please add a log rotation schedule manually to your log rotation daemon (if any)
Setting secure permissions for Pandora FMS spool dir...
Done.
 
You have your Pandora FMS console installed on /usr/local/www/pandora_console.
 
Now you can setup your Pandora FMS console and install
database using a browser and point to: 
 
	http://ip_address_of_this_server/pandora_console/install.php

・pandora サーバのインストール
「Linux/Unix へのソースからの手動インストール 」を見よとあるので、その通りにします。
同様にsh ./pandora_server_installer --install なんて感じでやっていけばよいです。

そうそう、データベースエンジンとしてMySQLが必要になります。私はzabbixの導入でMySQLも導入済みだったので、こちらも特に意識せず流用しています。MySQL関連で注意するのは、Webインタフェースで行う初期設定時にDBアクセス用の新規パスワードが自動生成されるため、忘れないように連動して下記を書き換えることぐらいです。
root@mybsd:~ # cat /usr/local/etc/pandora/pandora_server.conf
....
# dbuser:  Database user name (pandora by default)

dbuser pandora

# dbpass: Database password

#dbpass pandora
dbpass xxxxxxxxxx

また、/usr/local/etc/php.iniも編集が必要になります。(編集したらlighttpdサービスを再起動して下さいね)
要件満たないパラメータはWeb consoleの初期設定時に教えてくれますし、要件に満たない訳ではないが、推奨値があるパラメータについては、Web consoleログイン後にアラートとして教えてくれます。たとえば、
・脆弱性となるため、デフォルトのパスワードは変更してください。
・PHP 設定における値 'max_input_time' はおすすめしません。推奨値は -1 (無制限) です
・PHP 設定における値 'max_execution_time' はおすすめしません。推奨値: 0 (無制限)
てな具合に。
タグ:ports
nice!(0)  コメント(0) 

Pandora FMSを使ってみる その1 (FreeBSD 10.3R、2016/06/12) [FreeBSD]

zabbixの代わりに何かないものかと探していたら、Pandora FMSなるものが。Linuxがメインですが、FreeBSDでもがんばれば使えるようなので、ちょっとインストールしてみました。
インストール記は後日書くとして、とりあえず下図のように動いています。
20160612_Pandora-01.jpg

タグ:ports
nice!(0)  コメント(0) 

Layer2 Ping (FreeBSD 10.3R、2016/06/12) [FreeBSD]

へー、こんなのあるんですね。初めて知りました。それにしても時間がかかる。
root@mybsd:~ # l2ping -f -a 11:22:33:44:55:66
0 bytes from 11:22:33:44:55:66 seq_no=0 time=5145.262 ms result=0x4
0 bytes from 11:22:33:44:55:66 seq_no=1 time=5147.805 ms result=0x4
0 bytes from 11:22:33:44:55:66 seq_no=2 time=5147.922 ms result=0x4
0 bytes from 11:22:33:44:55:66 seq_no=3 time=5147.918 ms result=0x4
0 bytes from 11:22:33:44:55:66 seq_no=4 time=5146.926 ms result=0x4
0 bytes from 11:22:33:44:55:66 seq_no=5 time=5147.929 ms result=0x4
0 bytes from 11:22:33:44:55:66 seq_no=6 time=5146.917 ms result=0x4
0 bytes from 11:22:33:44:55:66 seq_no=7 time=5147.921 ms result=0x4

nice!(0)  コメント(0) 

zabbix serverアップデート異常 (FreeBSD10.3R、2016/05/02) [FreeBSD]

さっきzabbix_serverを2.4.7 -> 2.4.7_1にアップデートしたら、サービスが起動しなくなった。色々調べていたら、rc.dスクリプトがpidのコンフィグ情報を正常に拾えていないらしい。
root@mybsd:/usr/local/etc/rc.d # cat zabbix_server
#!/bin/sh
....
# zabbix_server_config (string): Set to the standard config file path by
#         default.
....
: ${zabbix_server_config="/usr/local/etc/zabbix24/${name}.conf"}
....
find_pidfile()
{
        if get_pidfile_from_conf PidFile ${zabbix_agentd_config}; then
                pidfile="$_pidfile_from_conf"
        else
                pidfile="/tmp/${name}.pid"
        fi
ってあるんですが、zabbix_serverのrc.dスクリプトなのに、zabbix_agentd_configを参照していて良かったのでしたっけ? 手動でzabbix_server_configに書き直してみたら、正常起動しましたけど。
タグ:ZABBIX
nice!(0)  コメント(0) 

東芝HDD MD04ACA200を一年使ってみて (2016/04/09) [FreeBSD]

だいたい1年ぐらい前に東芝製のハードディスクに交換しました。今日もとても安定して動いています。smartctlの結果はこんな感じ。何も不満はありません。
交換したのはその前のサムスン製が最悪だったし、しかも壊れたから。それでも数年はもってくれましたが、“UDMA_CRC_Error_Count ”が導入当初から桁溢れするんじゃないかってぐらいの勢いで激しく増えていき、不安を覚えたものです。(2台買って2台ともなので、仕様かと)
また、サムスン製はSATAのNative Command Queuingを有効にすると、高負荷時にカーネルパニックが発生するという持病持ちでもありました。
root@mybsd:~ # smartctl -a /dev/ada0
smartctl 6.4 2015-06-04 r4109 [FreeBSD 10.3-RELEASE amd64] (local build)
Copyright (C) 2002-15, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family:     Toshiba 3.5" MD04ACA... Enterprise HDD
Device Model:     TOSHIBA MD04ACA200
Serial Number:    548DK1DIFSIA
LU WWN Device Id: 5 000039 58bd0081f
Firmware Version: FP1A
User Capacity:    2,000,398,934,016 bytes [2.00 TB]
Sector Sizes:     512 bytes logical, 4096 bytes physical
Rotation Rate:    7200 rpm
Form Factor:      3.5 inches
Device is:        In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is:   ATA8-ACS (minor revision not indicated)
SATA Version is:  SATA 3.0, 6.0 Gb/s (current: 6.0 Gb/s)
Local Time is:    Sat Apr  9 15:12:48 2016 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART overall-health self-assessment test result: PASSED

General SMART Values:
Offline data collection status:  (0x82) Offline data collection activity
                                        was completed without error.
                                        Auto Offline Data Collection: Enabled.
Self-test execution status:      (   0) The previous self-test routine completed
                                        without error or no self-test has ever
                                        been run.
Total time to complete Offline
data collection:                (  120) seconds.
Offline data collection
capabilities:                    (0x5b) SMART execute Offline immediate.
                                        Auto Offline data collection on/off support.
                                        Suspend Offline collection upon new
                                        command.
                                        Offline surface scan supported.
                                        Self-test supported.
                                        No Conveyance Self-test supported.
                                        Selective Self-test supported.
SMART capabilities:            (0x0003) Saves SMART data before entering
                                        power-saving mode.
                                        Supports SMART auto save timer.
Error logging capability:        (0x01) Error logging supported.
                                        General Purpose Logging supported.
Short self-test routine
recommended polling time:        (   2) minutes.
Extended self-test routine
recommended polling time:        ( 255) minutes.
SCT capabilities:              (0x003d) SCT Status supported.
                                        SCT Error Recovery Control supported.
                                        SCT Feature Control supported.
                                        SCT Data Table supported.

SMART Attributes Data Structure revision number: 16
Vendor Specific SMART Attributes with Thresholds:
ID# ATTRIBUTE_NAME          FLAG     VALUE WORST THRESH TYPE      UPDATED  WHEN_FAILED RAW_VALUE
  1 Raw_Read_Error_Rate     0x000b   100   100   050    Pre-fail  Always       -       0
  2 Throughput_Performance  0x0005   100   100   050    Pre-fail  Offline      -       0
  3 Spin_Up_Time            0x0027   100   100   001    Pre-fail  Always       -       3475
  4 Start_Stop_Count        0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       91
  5 Reallocated_Sector_Ct   0x0033   100   100   050    Pre-fail  Always       -       0
  7 Seek_Error_Rate         0x000b   100   100   050    Pre-fail  Always       -       0
  8 Seek_Time_Performance   0x0005   100   100   050    Pre-fail  Offline      -       0
  9 Power_On_Hours          0x0032   084   084   000    Old_age   Always       -       5643
 10 Spin_Retry_Count        0x0033   101   100   030    Pre-fail  Always       -       0
 12 Power_Cycle_Count       0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       91
191 G-Sense_Error_Rate      0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       2
192 Power-Off_Retract_Count 0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       76
193 Load_Cycle_Count        0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       94
194 Temperature_Celsius     0x0022   100   100   000    Old_age   Always       -       31 (Min/Max 18/47)
196 Reallocated_Event_Count 0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       0
197 Current_Pending_Sector  0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       0
198 Offline_Uncorrectable   0x0030   100   100   000    Old_age   Offline      -       0
199 UDMA_CRC_Error_Count    0x0032   200   200   000    Old_age   Always       -       0
220 Disk_Shift              0x0002   100   100   000    Old_age   Always       -       0
222 Loaded_Hours            0x0032   084   084   000    Old_age   Always       -       6721
223 Load_Retry_Count        0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       0
224 Load_Friction           0x0022   100   100   000    Old_age   Always       -       0
226 Load-in_Time            0x0026   100   100   000    Old_age   Always       -       299
240 Head_Flying_Hours       0x0001   100   100   001    Pre-fail  Offline      -       0

SMART Error Log Version: 1
No Errors Logged

SMART Self-test log structure revision number 1
No self-tests have been logged.  [To run self-tests, use: smartctl -t]

SMART Selective self-test log data structure revision number 1
 SPAN  MIN_LBA  MAX_LBA  CURRENT_TEST_STATUS
    1        0        0  Not_testing
    2        0        0  Not_testing
    3        0        0  Not_testing
    4        0        0  Not_testing
    5        0        0  Not_testing
Selective self-test flags (0x0):
  After scanning selected spans, do NOT read-scan remainder of disk.
If Selective self-test is pending on power-up, resume after 0 minute delay.

nice!(0)  コメント(0) 

FreeBSDを使ってみる? その2 (2015/11/03) [FreeBSD]

真っ黒な画面
FreeBSDはGUIですらオプション扱いのため、インストール直後は味気ない真っ暗なCLIの画面です。でも私はいらないのです。GUIなんてCPUやメモリを無駄遣いするだけ。もっと言えば、インストール時を除けば、マウスやキーボード、ディスプレイすら必要ありません。どうせ全ての設定が終われば、sshでリモート接続するのですから。
そういった意味でVPSと相性が良いと思います。私も自分用のVPSを1台契約しています。

最近は自宅サーバを構築する人も減ってしまったのかな? Linuxもそうですが、少なくとも目的意識を持って使ってみようとか運用しようとか思わない限り、おそらく三日坊主で終わるでしょう。
初めて弄ってみようという人に対して、さーて私だったらどうするかな? Unix系を少し囓ったことあるなら、サーバの可視化なんていかがでしょうか。Zabbixか、muninでサーバリソースの可視化を行うのです。CPUやメモリの使いっぷりがよく分かるので、少し楽しくなるのではないでしょうか。

独立した自由なコンピュータがあるならば、BOINCのような分散コンピューティングのプロジェクトに参加させてみるのも面白いと思います。
オーソドックスなところでは、家庭用のDNSやDHCPサーバを立てるところから始めるのが良いと思います。

壊すことを恐れない
これはFreeBSDに限ったことではありませんが、壊すことを恐れて何もできないという人がたくさんいるのではないでしょうか? 一つ言っておきたいのは、壊すことを恐れていては何も成長しません。壊して初めて学ぶことも多いからです。
そういう私もFreeBSDに限らずたくさん壊しました。ブート領域を吹き飛ばしブートしなくなってしまったいうような軽い内容から、XFree86が起動中であることを忘れたままportsアップデートを行い、マザーボードとハードディスクを物理的に破壊してしまった経験もあります。3万円もしたMOドライブのコンデンサをショートさせ、キノコ雲が上がったこともあります。パソコン関係で大小合わせれば、数え切れないほどのことをやらかしていると思います。ま、失敗してナンボですね(笑)

限界や、やってはいけないことの境界を知ることで、人はより賢くなれます。間違いなく、やらかしたことの重大さ・深刻さと、人の成長度合いは自乗に比例すると思います。
大事なことは、失敗を放置せず何かを学ぶことと、本当にやってはいけない失敗(家が爆発するといったシャレにならない事)を起こさないことですね。

まとめ
ちょっと話が脱線してしまいました。
これからFreeBSDを使ってみようと思う人へ、以下を考えるようにすると良いでしょう。
・DNSサーバを立てるとか、DHCPサーバを立てるとか、何か目的を持ってチャレンジする
・壊してみる。何をやると壊れるのか色々試してみる。そして、なぜ壊れたのかを分析してみる

さぁ、レッツチャレンジ!
タグ:FreeBSD
nice!(0)  コメント(0)