So-net無料ブログ作成
検索選択

格安SIM&格安スマホ奮闘記 その8 (2017/05/31) [格安SIM&格安スマホ]

さて、全てのセットアップを終えて実家に送り返せたとして、その後のリモートメンテナンスする方法が問題です。実家のPCはTeamViewerを導入してあるので、何ら問題なくメンテナンスできていますが、Androidはそうもいきません。基本的にリモートデスクトップのような概念やソフトウェアがないのです。(docomoやauといったキャリアのサポート窓口から遠隔操作できるソフトウェアがインストールされていますが、あれはそういったことができるように一般人が触れない部分を特別にカスタマイズしています)

これは非常に困りました。スマホの操作が分からなくなり、親が音を上げるのは確実だからです。だからといって毎度私が遠方から駆けつける訳にもいきません。
以前、PCが操作不能になった際、SkypeのWebカメラでPCの画面を映しながら、指示するところをクリックしてもらうという荒技をやったことがあります。が、これは非常に時間が掛かり、ストレスが溜まる作業でした。冗談抜きで二人羽織のような作業でした。
PCでこれですから、タップ、スワイプ、フリックなど独特の操作を小さな画面上で行うスマホでは言うに及ばずです。

一応、TeamViewerのAndroid版でスマホのリモート操作ができると謳われていたりします。が、機種や環境依存があるようで、私が保有しているスマホやタブレットでやってみたところ、遠隔操作を行うためのタブが表示されず、残念な結果となりました。

しかしそんな中、一つの光明が見えます。下記のAndroid Screen Monitorです。
http://digitalnomori.hatenablog.jp/entry/2014/03/07/070554
簡単に言えば開発者用のモードなのですが、リモートデスクトップのようにPC上でAndroidの操作ができるのです。まぁ、PCに直接USB接続しているAndroidに対してだけですが。しかしそのPC自体をTeamViewerで遠隔操作すれば、なんと遠隔地からスマホが操作できてしまうのです。
そうなると親に教え込むべきは、Androidのデバッグモードへの入り方ですね。そこで親のために一太郎でマニュアルまで作りました。余談ですが一太郎は最高です。大した労力も掛からずちょちょいとそれっぽいものができてしまいました。ちなみに親曰く、メーカーの正式なマニュアルかと思ったとのこと。
その目論見はうまくいき、実際、TeamViewer経由で実家のスマホを操作することができました。なんて便利なんでしょう。


…実はここで、もう一つの記事「NTTフレッツ光回線が遅い」にリンクします。それは実家のインターネット回線の品質があまり悪く、夕方や夜間帯だとTeamViewer経由でAndroidが操作できないことが発覚したのです。当初は実家PCの処理不足によるもっさり動作かと思っていたのですが、先日実家に帰った際、回線に問題あることがはっきりと分かりました。
インターネット回線の品質の悪さから、スワイプやフリックが正常に入力できず、やりたい操作ができないのです。これにはお手上げですね。どうしても遠隔操作をする場合は、比較的回線の空いている休日日中帯に操作をすることで回避しています。

その9へ続く。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

格安SIM&格安スマホ奮闘記 その7 (2017/05/29) [格安SIM&格安スマホ]

ちょっと時間が空いてしまいました。

とりあえずmineoを契約し、1ヶ月ぐらい使って様子を見ている状態です。納品先が実家だったわけですが、未開封のまま私の家に転送され、初期セットアップなど全てを私が行いました。
いろいろ触ってみましたが、arrows M03基本的にとても良い子です。RAMが2GBあるので、メモリ不足で不意にアプリが落ちるといったことはありませんし、問題と言われていた旧世代の貧弱なCPUもゲームをしないので問題ありません。

アプリは必要なものを淡々と導入して環境を作るといった感じです。唯一、日本語入力システムだけはATOK Passport版に入れ替えています。Super ATOK ULTIASというATOK系列のシステムが標準で付属するようですが、Passport版はすでにPC向けに月額料金を払っていることと、学習済みの辞書をPCと同期させたかったからです。

セキュリティソフトは何にしようか迷いました。mineoに月額300円弱を払い続けるのも馬鹿らしいですよね。私が余らしているESET ファミリー セキュリティのライセンスを割り当てようかと思いましたが、キヤノンITソリューションズ版ESET製品はGoogleストアからインストールできず、野良apkとして導入する必要があり、あとあとのメンテナンスが面倒そうなのでやめました。
とするとGoogleストアから導入できて手頃なもの…ということで、Yahoo!セキュリティーを入れておくことにしました。何もないよりはマシでしょう。

その8へ続く。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NTTフレッツ光回線が遅い その3(2017/05/07) [インターネット接続]

インターネット回線の変更は来年に実施するとして、とりあえず今できる「何か」をやっておくことにしました。そこで改めて請求明細を見ていると、不思議な文字列が。
・リモートサポートサービス 500円
・セキュリティ機能見張り番 190円

何なんでしょうか。ざっと調べてみることにします。

まず、リモートサポートサービスとは、NTTインターネット回線業者の枠を超えた、パソコンサポート窓口のようなもののようですね。
NTTは回線業者ですから、通常、NTTはインターネット回線に関わる問い合わせだけを受け付け、「パソコンで年賀状を作りたいけどどうすればいいか」「WiFiの設定がよくわからない」といった類いの質問は「サポート範囲を超えているため、お客様にてお調べ願います」と言えば良いのです。
ただ、それだとお年寄りなんかは困るでしょうから、このサービスは上記のようなパソコン教室的な問い合わせをサポート窓口で受け付けてくれる契約のようです。また、説明しても分からないユーザには、NTTオペレータから直接ユーザのパソコンを操作する仕組みもあるようです。

これが月500円なんですね。パソコンに関する質問を何でも聞いてくれるようなので、一般のユーザさんやお年寄りにとってはとても良いサービスだと思います。
http://flets-w.com/remote_support/

ただ、うちの親はこの契約のことを"一切知りませんでした"

サービスとしては良いのですが、一般ユーザにちゃんと告知していないのであれば詐欺に近いものがあります。だって約2000万世帯から徴収すれば総額100億円ですから。。。
まぁ、少なくとも実家に関しては私自身が同等のサービスを提供しているので、不要なサービスであり、解約することにします。club NTT Westのサポートページから解約申請をしておきました。(親にはちゃんと説明しています)

次にセキュリティ機能見張り番です。
これがまたよく分からない機能なのです。Webでは「ウィルスに感染しても、出口でブロック!」と記載されており、盗聴やリモートオペレーションに関する振る舞い防御システムのようです。ブロードバンドルータにそんな機能を搭載しているのかと思ってよく見たら、パソコンに専用ソフトウェアをインストールしろと書いてありました。
これが1台190円なんですね。うーん。リモートサポートサービス以上に認知度は低いのではないでしょうか。

もちろん、実家のパソコンにはそんなソフトウェアはインストールしていません

こちらに関しては、お金を徴収することを目的としたNTTのゴミサービスのような気がします。そもそもソフトウェアのインストールが必要であることを分かっている人が少数のような気がしますし、さらにその中でこのソフトウェアによって救われた人が何人いるのか。高い、高すぎる料金です。
どっちにしろ、実家のパソコンは私がリモートからオペレーションするので、こんなものインストールしたら私自身がブロックされてしまいますよね。全く以て不要なサービスです。
ただ、こちらはclub NTT Westからはライセンスの追加しかできない最悪な仕様のようで、親がNTTサポートセンタに電話して解約の旨を伝えてもらいました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NTTフレッツ光回線が遅い その2(2017/05/06) [インターネット接続]

深夜1時に測定した速度測定では約2.5Mbpsでしたが、さきほど深夜23時(22時間後)に再測定したら1.8Mbpsでした。ま、そんなもんでしょうね。

あまりにひどいので、auひかりやケーブルテレビ系列に変えることを本気で考えています。ただ、変更手続きはいろいろと面倒なので、それなりのお土産を持って親を説得したいものです。
やはり一番分かりやすいのはコストメリットでしょうね。とりあえず今の月額料金がどのくらいかと聞くと、「よく分からない」とのこと。請求書の場所を聞いても「よく分からない」とのこと。

とりあえずアカウントID、パスワードを聞き出してこちらで調べてみることにしました。契約しているプロバイダはぷららなので、ぷららのサポートページに行ってみます。

…月額料金1080円。安っ!

いやいや、そんな訳ないでしょう。しかも契約しているメニューが"フレッツ 光ネクスト 隼"と記載されています。ハヤブサってなんだ。私の知っている名称は"Bフレッツ"なので、怪しい業者に騙されたのでは?と思ってしまうほどの衝撃でした。
私の感覚では、全ての料金が一括でプロバイダから引き落とされるイメージだったのですが、金額の安さからして、NTT系の料金は別で徴収されているようですね。

そのため、NTT関係の別のアカウントID、パスワードを聞き出し、それっぽいWebにログインしてみます。その名も"Myビリング"です。NTT西日本提供のサポートページのようなので、怪しいサイトではないようです。
が、MyビリングページにWebでログインしたら、

「Myビリング」と「Webビリング」のID連携を行うことで、ログインしやすくなりました。

とのこと。しきりにID連携を進めてきますが、ホントに何コレ状態です。えっ、えっ、MyビリングページにWebブラウザでログインしているけど、それがWebビリングページじゃないの? 全くの意味不明です。(WebビリングはNTTファイナンス系のサイトのようです)
ちなみに、ブログの表記は「ビリング」に修正しましたが、ついさっきまで「リビング」って書いていました。私と同じようにリビングって読んでる人は大勢いると思われます。

とりあえずMyビリングで請求明細を確認することができ、約5,800円/月のようです。ぷららの料金1080円/月と合わせると月額約7,000円/月となり、何コレめっちゃ高い。しかも"Web光もっともっと割"の3年拘束状態となっており、1,590円割引いてこの値段なので、べらぼうに高いことが判明。

こりゃいよいよ変更するしかないですよね。NTTはさっさとやめちゃいましょう。
しかしWeb光もっともっと割の3年拘束は気に掛かります。下手に中途解約すると高額な違約金が必要となるからです。もし実家のインターネット回線を切り替えるとしたら、いつがベストなのか。と、調べたかったのですが、

Myビリングページには、どこにも契約期間の情報が書かれていないのです。

ネットを駆け回ること15分。どうやら更新月の数ヶ月前あたりから、請求明細に記載されるようになるらしい。いやいや、それでは遅いのです。私は今知りたいのです。
さらにネットを調べること15分。どうやらclub NTT Westページに記載されているのこと。私はさらにさらにアカウントIDとパスワードを聞き出し、club NTT Westページにログインしました。(たらい回し?)
調べた結果、2018年までは残契約期間があるようで、本格的に変更手続きをするのはそれを待ってからの方が良さげということが判明しました。

はい、という訳では今できることは一旦終了です。
それよりもNTT回線のひどさにはもうウンザリです。回線の重さもそうですが、非常に分かりにくい請求形態・サポート形態など、個人的には悪質と表現しても過言ではないぐらいです。(実家とは言え、お金を払っている側の立場なので、言うことは言わせて貰います)
少しIT関係の知識のある私でこんな状態なので、全国の一般家庭のユーザさんはちゃんと理解・管理できているのでしょうか。本当に疑問です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NTTフレッツ光回線が遅い その1(2017/05/05) [インターネット接続]

ゴールデンウィークなので、久々に実家に帰ってきています。普段はリモートからメンテナンスしている家族パソコンですが、ここ数日に限っては直接いじったりなど、それなりに楽しくやっています。まぁ、家族と物理的な接点を持てるというのは言うべきにもあらずですが。

私は自宅でauひかりを契約していますが、実家はNTT系の回線を契約しています。実家のインターネット回線は私が特に口を出した訳ではなく、成り行きでそういったことになっています。家族という一般人が使うインターネット回線なので、普通にインターネット通信ができれば何でも良いと思っています。

今回、時間的な余裕もあったことから、私のMacBook Airを持ち帰ってきています。実家はBuffaloの無線APを置いてあるので、ちょちょいと設定して電波を借りることにしました。そう、実はこのブログも実家の無線LAN上で書いています。
…が、異変に気付くにはさほどを時間を要しませんでした。とにかく遅い。インターネット関係の通信が、ダウンロードも含め何から何まで遅いのです。

普段、遠方からリモート操作する際、Skypeのカメラ画像の著しい乱れや、Teamviewer(リモートデスクトップみたいなソフト)のもっさり動作や無反応動作が気になってはいました。
また、パソコン環境のメンテナンスのために数MB〜100MBのアップデートバイナリ(.exe)のダウンロードを試みるにも、ここ近年では珍しい、"ダウンロードの強制中断"や"ファイル破損"に何度も遭遇していました。
これらはてっきりパソコンの処理性能の問題や、無線LAN環境や無線NICの不良とばかり思っていました。

しかし実際、親の生の証言を聞いてみると、日中帯はそれほどでもないが、特に夜間がまともにインターネット通信できないとのこと。…有線LANで通信しているにもかかわらず。
Youtube等で動画を見ていると、読み込み待機中のクルクルばかりで、ろくに動画も見られないらしいのです。そんな親の対策方法は、「早く寝て、早朝にインターネット接続する」ことらしいです。悲しすぎます。

さて、私のイライラがピークに達したので、一旦手を休め、ちょっとマシに感じ始めて来たこの時間帯に速度測定をやってみました。
macOS_NetSpeed_20170505.png
ちょっとマシに感じ始めたこの時間帯ですらMAX 2.5Mbpsです。bit per secondです。byte per secondではありません。私の体感では上限800Kbpsが良いところでしょうか。こんな数字、電波状況の悪いLTEでインターネット通信をしているようなものですよ。これがNTT法の呪いというやつでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

格安SIM&格安スマホ奮闘記 その6 (2017/05/02) [格安SIM&格安スマホ]

とりあえずmineoを前提に契約を進めることにしました。私はこうやっていろいろブログに書いていますが、格安SIMに関してはど素人ですし、あまり危ない橋は渡りたくなかったからです。
mineoとイオンモバイルで迷いましたが、イオンモバイルはサポートが手厚そうな感じがする一方、雑多なオプション体系があまり好きではない上、私がいろいろやろうとしているカスタマイズを頭から否定されそうで(※)、選択肢から外しました。
※例えば、調子が悪くなったとスマホを持ち込んだら、あれが悪いこれが悪いと次々に否定され、インストールしているアプリを片っ端からアンインストールされたり、スマホを初期化されてしまったり、いらないオプションを次々と契約させられてしまったり、など

そう考えると、mineo一択になってしまった訳です。最低限のサポート=自己責任でいろいろ試せると考えることができますし、ある程度名前も通っていることから理不尽な約款もないだろうと。
親と会話した結果、下記の利用形態で移行を進めることになりました。
・MNPはやらない(古いガラケーも持ち続ける)
 →親がスマホ自体に抵抗があったため(馴染めないなど)、拒絶反応が出るようならガラケーを使い続ける選択肢を残す
 →スマホ用の電話番号を新規取得する
・端末は一時金で一括購入する
 →古い人間なので、月賦は嫌らしい
・あと数年で定年退職するので、最終的にガラケーにするかスマホにするかは、その時に決める
 →その時までは双方の月額料金を払っても良い

現行のガラケー代は2000円弱なので、それを意識してmineoの契約は下記の通りとしました。
・090音声通話あり、1GBプラン(1,410円/月)
・端末安心保証サービス(370円/月)
・アンチウィルスソフトなし(別で用意する)
・スマホ本体は、arrows M03(31,800円)
・MNPなしの新規契約
・バックアップ、サポートなどのその他のオプションは一切なし

これで月額1,780円なので、ガラケー相当の料金に押さえています。

その7へ続く。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感