So-net無料ブログ作成
検索選択

格安SIM&格安スマホ奮闘記 その8 (2017/05/31) [格安SIM&格安スマホ]

さて、全てのセットアップを終えて実家に送り返せたとして、その後のリモートメンテナンスする方法が問題です。実家のPCはTeamViewerを導入してあるので、何ら問題なくメンテナンスできていますが、Androidはそうもいきません。基本的にリモートデスクトップのような概念やソフトウェアがないのです。(docomoやauといったキャリアのサポート窓口から遠隔操作できるソフトウェアがインストールされていますが、あれはそういったことができるように一般人が触れない部分を特別にカスタマイズしています)

これは非常に困りました。スマホの操作が分からなくなり、親が音を上げるのは確実だからです。だからといって毎度私が遠方から駆けつける訳にもいきません。
以前、PCが操作不能になった際、SkypeのWebカメラでPCの画面を映しながら、指示するところをクリックしてもらうという荒技をやったことがあります。が、これは非常に時間が掛かり、ストレスが溜まる作業でした。冗談抜きで二人羽織のような作業でした。
PCでこれですから、タップ、スワイプ、フリックなど独特の操作を小さな画面上で行うスマホでは言うに及ばずです。

一応、TeamViewerのAndroid版でスマホのリモート操作ができると謳われていたりします。が、機種や環境依存があるようで、私が保有しているスマホやタブレットでやってみたところ、遠隔操作を行うためのタブが表示されず、残念な結果となりました。

しかしそんな中、一つの光明が見えます。下記のAndroid Screen Monitorです。
http://digitalnomori.hatenablog.jp/entry/2014/03/07/070554
簡単に言えば開発者用のモードなのですが、リモートデスクトップのようにPC上でAndroidの操作ができるのです。まぁ、PCに直接USB接続しているAndroidに対してだけですが。しかしそのPC自体をTeamViewerで遠隔操作すれば、なんと遠隔地からスマホが操作できてしまうのです。
そうなると親に教え込むべきは、Androidのデバッグモードへの入り方ですね。そこで親のために一太郎でマニュアルまで作りました。余談ですが一太郎は最高です。大した労力も掛からずちょちょいとそれっぽいものができてしまいました。ちなみに親曰く、メーカーの正式なマニュアルかと思ったとのこと。
その目論見はうまくいき、実際、TeamViewer経由で実家のスマホを操作することができました。なんて便利なんでしょう。


…実はここで、もう一つの記事「NTTフレッツ光回線が遅い」にリンクします。それは実家のインターネット回線の品質があまり悪く、夕方や夜間帯だとTeamViewer経由でAndroidが操作できないことが発覚したのです。当初は実家PCの処理不足によるもっさり動作かと思っていたのですが、先日実家に帰った際、回線に問題あることがはっきりと分かりました。
インターネット回線の品質の悪さから、スワイプやフリックが正常に入力できず、やりたい操作ができないのです。これにはお手上げですね。どうしても遠隔操作をする場合は、比較的回線の空いている休日日中帯に操作をすることで回避しています。

その9へ続く。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。